このページのトップへ
ホーム » スタッフブログ » スタッフブログ » 2018年度版 IT補助金

2018年度版 IT補助金

キャプチャ
昨年はIT補助金を活用した
07CAD導入案件が好評でした。
今年も4月16日にIT支援事業者の
採択を頂きましたので補助事業者様のお力になれるように
頑張って行きたいと思います。
ITツールも07CADをベースに8点登録完了しました。
色々な商品の組み合わせも可能です。
皆さんの労働生産性改善に参加させて頂ければと思います。

昨年と違い注意する事



b1367eeae7f74cfb70d9a40d3e52f7ce_s
昨年は、お客様出資金額の2/3が補助され
最高100万円まで交付されました。
事業者の負担軽減に繋がる補助金と言う事で
オーセブンも支援事業者として申請を出し
ITツールとして07CADを登録して対応しました。
今年は予算総額500億円と昨年の5倍ですが
上限50万円 補助率1/2となります。
100万円の商品を購入すると50万円まで
補助金申請が出来る訳です。
1社当たりの補助金額は半分になって
総予算が5倍と言う事は
少ない金額を広く活用してもらう計画の様です。

ITツールの登録構成の見直し



71245c8250b2dac26c83d716cb4d5743_s
昨年は最低補助金額が30万円と言う設定で
低額商品をツールとして単品で登録出来ませんでした。
今年は上限が50万円と言う事で
最低補助金額も15万円と低くなりました。
商品バリエーションも増やせそうなので
今から様々な組み合わせパーターンも
考えて行きたいと思います。
お客様の選択肢が増える事でソフト
有効に活用されると思います。

毎年5年間の事業完了報告



57a17287cb075ab8e46b8ed89c0f1d51_s
昨年無事にIT補助金の交付を受けたお客様の
事業完了報告が4月2日〜5月末まで始まります。
これは5年間の実績報告義務が有り
今回は昨年交付を受けた方の1回目の報告になります。
昨年申請時にITツールを導入した際に生産労働性
向上目標に対する実際の達成値を専用サイトから
支援事業者が報告する様になります。
初年度はツール導入後1年経過していないので
目標に比べて実績値は厳しい物になると思います。
これは、国も考慮済なので
ともかく全社報告する事が重要
しっかりサポートして行きたいと思います。

まとめ



57a17287cb075ab8e46b8ed89c0f1d51_s
補助金は日本の企業体力を
強化する為に使われると思います。
日本は先進国と言われながら
いつの間にか中国や韓国にも
IT活用分野では負けています。
昔ながらの仕事のやり方から卒業できない。
新しい物に拒否反応が有るからだと言われます。
IT補助金が新しい仕事のやり方を
応援する資金として活用され
世界に負けないIT大国に成長してほしい
そんな思いで、お手伝いさせて頂きます。

コメント

コメントを書き込む










Contact
TEL 048-840-1577
ブログカレンダー
<   2018-04   >
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
所在地/連絡先

〒338-0004
埼玉県さいたま市中央区本町西6丁目4番14 07デジタルスタジオ
TEL:048-840-1577
FAX:048-840-1579
カタログを登録できる
その場で提案&お見積もり

例えば・・・
住宅/外装リフォーム
住宅/内装リフォーム
住宅/外構リフォーム
住宅/外構造園リフォーム
新築/外構造園

etc...