このページのトップへ
ホーム » スタッフブログ » スタッフブログ » 営業効率を上げるには写真合成が早い

営業効率を上げるには写真合成が早い

NS
カタリノの営業で新宿のビルへ伺った。
田舎者ゆえ新宿駅から迷子状態
iPhoneのマップ頼りにたどり着いた。
外見も立派だが
中に入って吹き抜けの広さに驚かされた。
世界一だと言う。
東京都庁前の一等地でこの贅沢さはなんだろう?

ハウスメーカーの営業効率



ファイル 2017-09-23 10 51 55 / / / / / / /
ハウスメーカーの営業マンは新築物件を1件/月販売すればトップセイルスと言われるそうだ
リフォームの場合、金額で比較すると3件/週は稼がないと太刀打ち出来ないらしい
そんな時、CADでいちいち作図していたのでは
営業効率が悪い。
写真合成提案がどの程度使えるか?
カタリノ」に関心を持って頂いた。
お客様のご自宅を写真に撮ってイメージ提案が
パッと出せる
このスピード感が大切と話された。

歴戦の営業マンが語る現場



画像
「カタリノ」のご説明をさせて頂く中で
担当者の方から「検討するよ」とか
「忙しいので後で見とくよ」。などと言われると
2度と声が掛かる事は無いと言われた。
机の上に置かれて、いつしか忘れ去られる事だろう。
実際、現場を長年経験されて来られた方の生の声には
説得力が有った。
鉄は熱い内に打てと良く言われる
業界でホット客と呼ばれる様に
お客様の気持ちが熱い内に
具体的なイメージをお見せする事が大切
コストを掛けずに短時間で提案出来る物が求められていた。

現場でデザインするのでは無くパッケージ商品で対応



ファイル 2017-09-23 13 27 20 / / / / / /
「カタリノ」の使い方としては外構商品を合成して
イメージプランを作成する。
カーポートや外壁、植栽などを組み合わせての
ご提案が多い
しかしハウスメーカーの営業マンが
現場でプランニングしている様では仕事にならない
先日のタカショーさんの展示会で商品化されていた様に
パッケージ商品を簡単に配置してイメージ提案が出来る
その様なイメージをお持ちでした。
写真合成自体は本当に手軽な商品なのですが
世の中は、もっと効率の良い物を求めているようです。

パッケージ商品の利点と欠点



キャプチャ
CADの様に商品をグループ化したり、解除出来れば
実用的な使い方ができますが
写真合成の場合、一つのメーカー様の
単一商品になってしまいます。
門周り一式でのご提案になるので
細かい変更も出来ません。
ただ、写真合成の提案で完結させるのでは無く
お客様の気持ちが熱いうちに心を掴む
この様な目的の為に使うには
パッケージ商品の写真合成は有効な手段と言えます。
お客様との接点を短時間で太くする為の道具として
商品のパッケージ化は良い武器になります。

まとめ



キャプチャ
今回は、ハウスメーカー様のリフォーム案件を
いかにコストを掛けずに効率よく営業出来るかを
考えて来ました。
エクステリア商材単体登録がほとんどでしたが
パッケージ登録も面白いアイテムになる事を
勉強させて頂きました。
写真合成の可能性をもっと考えて行きたいと思います。

コメント

コメントを書き込む










Contact
TEL 048-840-1577
ブログカレンダー
<   2017-10   >
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
所在地/連絡先

〒338-0004
埼玉県さいたま市中央区本町西6丁目4番14 07デジタルスタジオ
TEL:048-840-1577
FAX:048-840-1579
カタログを登録できる
その場で提案&お見積もり

例えば・・・
住宅/外装リフォーム
住宅/内装リフォーム
住宅/外構リフォーム
住宅/外構造園リフォーム
新築/外構造園

etc...